ホーム > 続・気仙沼のひまわり【第285回】

続・気仙沼のひまわり【第285回】

〔借地・借家について〕

本年もよろしくお願いします。

昨年もいくつも,土地や建物(家)を借りている側の人から,

貸主側による「契約更新の拒絶」,「賃上げの通知」への対応に関する相談を受けました。

相談を聞いていて感じるのは,せっかく借地借家法等により借主側の権利は強力に保護されているに,

十分な活用に至っていないことです。

一方で,大家(地主)側からは,主として賃料の長期滞納事案の相談を受けることもあり,

いずれの立場からも法律に照らした適切な対応が必要です。

2018年01月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加